よくあるご質問

鳥の糞など、掃除は必要なの?

鳥の糞や落ち葉などで、太陽電池モジュールの表面に影が出来て、発電量が少なくなることがありますが、通常の汚れであれば、雨で流れて行くように設置されています。
汚れがひどい場合でも、屋根に登っての清掃は非常に危険ですので、ご相談ください。

設置後の保証は?

ほとんどのメーカーには、10年間の長期機器保証制度を設けております。(無料、申込必要)
またメーカーへの保証の手続きは、営業マンが手続きを代行させて頂きますので、ご安心ください。詳しくは、契約時に弊社営業マンへお問合せください。

つけた後のメンテナンスは?

ほとんど必要ありませんが、太陽光発電システムの長期使用を可能とする為にも4年に1度の点検(有償)をご推奨します。しかし、弊社にて設置をして頂いたお客様に対しては、設置後1年は無償点検を弊社にて行っております。
5年、9年に関しても引き続き弊社にて点検を行っております(有償)。
アフターメンテナンスに関してもご安心ください。

手続きはどうするの?

弊社よりお買い上げ頂いたお客様には、弊社営業担当が手続きを全て代行させて頂きます。手続きの代行もお見積もりに含まれておりますので、ご安心ください。

電気を売るってどういうこと?

太陽電池モジュールが発電をした電力が「売電メーター」を通して電力会社に売られます。また同時にご家庭内で使用している電力は今までのように電力会社からメーターを通して買います。
月末になると、電力会社から使用した分の伝票と電力会社へ売った分の伝票と2枚発行されることになります。売った分の方が多ければ、家庭内で使用した分を太陽光発電システムで全てを賄えたということになります。

停電しても大丈夫?

停電中には、パワーコンディショナーを自立運転モードに切り替え、緊急用コンセントを使う事ができます。晴れた日の日中は、太陽光発電システムが作った電気を最大1,500Wまで使用になれます。

いつ発電するの?

太陽がでていて太陽の光が太陽電池モジュールに当たっている間発電します。したがって夜は発電しません。電力会社との契約条件とうまくご利用いただき、昼と夜の電力の使い方を調整してみましょう。

太陽光発電システムって、どんなものなの?

太陽の光エネルギーを受けて、太陽電池モジュールで発電して電気を作る方法です。モジュールで発電した電気をご家庭でそのまま利用でき、CO2の排出量を削減できる地球にやさしいシステムです。

分割払いはできるの?

新出光では信販会社と提携して、ご要望にお応えできるプランをご用意しておりますので、ご相談ください。

余った電気はどうなるの?

利用する以上に発電すると、余った電力は電力会社へ売ることができます。
上手な電気の使い方をすると、電気代が0円ということも可能です。また電気を電力会社から買う・売るの切り替えは太陽光発電システムが自動的に行います。

設置にはどのぐらい日数がかかるの?

屋根の点検後、お見積もりを出させて頂くことから始まります。
実際に屋根の寸法を測らせて頂いたりもいたします。太陽電池モジュールを屋根の上に設置する工事自体は1日~2日で終わります。
また補助金をご利用される方は、政府や電力会社との手続き等の全てが完了するまで約2ヶ月を目安にお考えください。

太陽電池モジュールって重くないの?

太陽光発電システムの設置によって、屋根や壁が悪影響を受ける事はありません。各機器は家屋の強度に対して十分な安全を考慮して設計されています。雨漏りの原因にもなりません。

どんな屋根にも設置できるの?

太陽電池モジュールは様々な形・材質の屋根の上にも設置可能です。日当たりのよい南面の屋根がベストです。
ご自分の家に設置ができるのか、どんなモジュールを載せられるか、お問合せ頂ければ詳しくご説明いたします。

どうやって屋根につけるの?

IDEXでは、信用のある専門の施工業者と取引きをしておりますので、屋根に負担なく、安全に太陽光発電を設置いたします。雨漏り対策も念入りにいたします。具体的には施工業者が屋根に上らせて頂き、設置していきます。

どんなモジュールがつくの?

たくさんのメーカーが様々なモジュールを開発しています。
電力変換効率の良いもの、デザイン性に優れているもの・・・。お屋根の形状及び素材によっては設置ができない種類もあります。
お客様のご要望をじっくりお伺いしつつ、お客様にとって一番バランスのとれた製品をご提案させていただきます。

太陽電池モジュールって何? 

太陽電池モジュールとは、太陽電池(セル)をつなぎ合わせて、必要な電圧と電流を得られるようにしたパネル状のものです。ソーラーパネルやソーラーモジュールとも呼ばれています。

屋根が古い場合でも、モジュールは載せられる?

モジュールの重量や枚数にもよりますが、構造や劣化などにより、重量に耐えられないと判断される場合は、補強工事が必要になります。
設置が可能かどうか、補強工事が必要かも含めまして、ご相談ください。

太陽光発電システムの寿命はどれくらい?

期待寿命は、一般的に太陽電池モジュールが平均して15年~20年以上とされています。
パワーコンディショナーなどの周辺機器については、10年以上の耐用年数と考えています。
※設置場所、設置条件により異なる場合がございますので、予めご了承ください。

工事期間はどれくらいかかるの?

新築と既築でも違いがございますが、通常半日~3日あれば取付工事は終了します。

南向きでなくても発電するの?

太陽光発電には南向きが一般的には良いといわれますが、東西方面でも日射量を得ることができますので、設置可能です。ただし、日中影になってしまう屋根の場合は、設置できない可能性がありますので、ご相談ください。また、北向きの屋根への設置はおすすめしていません。

単結晶と多結晶の違いは?

単結晶シリコンの場合は、結晶の種を用いて、液状にとかしたシリコンを徐々に固めて棒状の単結晶を引き上げます。多結晶は、鋳型にとかした液状のシリコンを入れて一気に固めて作ります。多結晶は、比較的安くできますが、結粒間などでのロスが多く、単結晶に比べると品質が低くなります。

変換効率とは?

変換効率とは、太陽電池の性能を示す指数で、太陽の光エネルギーから電気エネルギーに変換した時の割合を表します。現在一般に販売されている太陽電池の変換効率は、結晶シリコン系では10%~17%とされています。

kW(キロワット)とkWh(キロワットアワー)の違いは?

“kW”とは瞬時の発電電力を示し、”kWh”とは1時間当たりの発電電力量、もしくは、ある時間帯・1日等の消費または発電電力の時間積算値を示します。

太陽光発電は本当にCO2削減になるの?

太陽光発電を使うことによって多くのエネルギーの節約になります。太陽光発電は発電用の燃料が必要なく、設備も比較的容易に解体・リサイクルが出来ることから、CO2削減に貢献することが可能です。

雷は落ちやすくならない?

太陽光発電だからと言って、雷が落ちやすくなることはありません。屋根や屋上に設置する他の設備と同様ですのでご安心ください。