太陽光発電について

太陽光発電とは?

太陽の光のエネルギーを電気エネルギーに代えて、家庭で消費する電気として利用するための仕組みです。
発電の際、石油や石炭を使わず、また、CO2を発生させないクリーンなエネルギーとして、資源の節約、環境保護の観点から、現在最も注目を集めているエネルギーのひとつです。

晴れた日の日中は「消費電力 < 発電量」

晴れた日の日中は太陽光が最も集まる時間帯になります。
その場合、多くの家庭では消費電力よりも発電量が上回り、余った電気は電力会社に「電気を売る」ことができます。
使い方次第では晴れた日の日中だけでなく、朝や夕方なども「電気を作って売る」エコライフを送ることができます。

朝や夕方、曇りの日も太陽光発電!!

まだ太陽が昇って間もない時間帯や夕方などは消費電力量と発電量が同じか、または消費電力量が上回ります。
その場合は、「電気を作り」ながら、従来通りに電力会社から「電気を買う」ことができます。
オール電化などを組み合わせると、もっと効率のよいエコライフを送ることができます。

太陽が出ていない夜も、ちゃんと電気が買えるから安心

発電できない夜間は発電量がないため、消費する電力のみになります。
その場合は、従来通り電力会社から「電気を買う」ことができます。
「電気を買う」と「電気を売る」の切り替えは自動で行われます。

 

取扱いメーカー

その他メーカーも取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。