節電対策のご提案

setsuden00

新出光オススメの節電対策

電気料金値上げから家計を守る!

東日本大震災以降、国内電力事情は非常に厳しい状況が継続しています。
九州電力では、平成25年5月1日から電気料金の値上げが実施されていますが、ご自宅の節電、省エネ対策はお済みですか?
多くのご家庭で使用電力をできるだけ減らす工夫をされていますが、『人にできる節電には限界がある』と感じている方も少なくないようです。
新出光では「無理のない、快適かつ経済的な暮らし」の実現に向けて、ご予算にあわせた最適なシステムをご提案しております。

ご存知ですか?電気料金の算定方法

月々の電気料金は、あらかじめ契約した「基本料金」と、使用電力量によって計算される「電力量料金」の合計に、再生可能エネルギー発電促進賦課金、太陽光発電促進付加金を加えたものとなります。
電気料金の算出方法がしっかり頭に入っていると、電気の使用量を意識するようになり、節電につながります。

電気料金の算定方法

電気契約最適化によるコスト削減

電気の使用状況を再確認し、契約を最適化することによって、基本料金を抑えることが出来ます。
九州電力は、様々な契約プランを用意しています。
しかしながら、その内容は多種多様にわたり、電気使用契約が最適化出来ていないご家庭が多いのが現状です。
新出光は、お客様の電気使用の実態を検討したうえで、使用状況にあった最適な契約をご提案いたします。

太陽光発電で光熱費・電気料金をお得に

新出光では、「太陽光発電」「オール電化」導入後の収支を予想するシミュレーションを無料で作成しています。遠慮なくお問い合わせください。

新料金メニューなど

新料金メニュー ピークシフト電灯の電力量料金の特徴

電気のご使用が集中する夏季のピーク時間(7/1~9/30の13時~16時)を割高に、夜間(23時~翌朝7時)を割安に設定した料金メニューです。

ピークシフト電灯のイメージ図

区分 単位 料金単価
基本料金 契約容量が6kVA以下の場合 1契約 1,155.00
契約容量が6kVAをこえる場合 10kVAまで 1契約 1,575.00
10kVA超過分 1kVA 283.50
電力量料金 ピーク時間(夏季(7月1日~9月30日)の13時~16時) 1kWh 52.50
昼間時間
夏季(7月1日~9月30日)の
8時~13時、16時~22時
その他季(10月1日~翌年6月30日)の
8時~22時
最初の80kWhまで 1kWh 20.95
80kWh超過200kWhまで 1kWh 27.67
200kWh超過分 1kWh 31.27
夜間時間(22時~翌朝8時) 1kWh 10.01
8時間通電機器割引 1kVA 147.00
最低月額料金 1契約 426.30
(注)ご使用量が0kWhの場合の基本料金は、半額となります。

ピークシフト電灯の電力量料金の特徴

電気の使い方の工夫例

ピークカット(減らす)
夏季のピーク時間帯は、無理のない範囲でエアコンの設定温度を上げ、扇風機を併用する。
ピークシフト(ずらす)
食器洗い乾燥機、洗濯機、炊飯器は、タイマー機能を利用して、ピーク時間から昼間、昼間から夜間へ使用時間をシフトする。

他に、一般的な契約である「従量電灯」や「低圧電力」の他にも、時間帯や季節によって料金単価が異なり、電気を効率的に利用することにより、料金が割安になるメニューもあります。
詳しくは九州電力のホームページをご確認ください。